車種情報

新型プジョー208の日本発売日はいつ?サイズやスペックと価格予想も!

プジョーのBセグメントカー(コンパクトハッチバック)「プジョー208」。

ヨーロッパで先に発売されているフルモデルチェンジされた『新型プジョー208』にはガソリンエンジンとディーゼルエンジンに加えEVもラインナップされています。

日本での発売はいつになるのか?ボディサイズやスペック、気になる価格も予想していきます。

プジョーの新型208が発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度確認してみてくださいね。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

スポンサーリンク

新型プジョー208のフルモデルチェンジ時期はいつごろ?

日本での発売は2020年11月と予想!

日本で現在販売されている「プジョー208」は2012年11月から販売されています。

販売期間が8年目を迎えヨーロッパではすでにフルモデルチェンジされた『新型プジョー208』が発売されていることから日本での発売開始も近づいているといえます。

 

『新型プジョー208』にはガソリンエンジンとディーゼルエンジンに加え「e-208」とよばれるEVもランナップされていて豊富なパワートレインの中からどのモデルが日本で発売されるか注目されています。

スポンサーリンク

新型プジョー208のサイズやスペックと価格も予想!

『新型プジョー208』の日本での発売価格は258万円からと予想!

フルモデルチェンジですので現行「208」(243万円から)より価格アップするのではないでしょうか。

日本でのライバルとなるのが「トヨタ ヤリス」や「ホンダ フィット」、そして一番のライバルは「フォルクスワーゲン ポロ」でしょう。

当然価格も近い設定をすると思われますので「ポロ」(262万円~)より価格を抑えた《258万円》からとなり、EVの「e-208」が《385万円から》となるでしょう。

プラットフォームはPSAグループで最新のCMP(コモンモジュラープラットフォーム)を採用

『新型プジョー208』のボディサイズ

全長4055㎜ / 全幅1745㎜ / 全高1430㎜ / ホイールベース 2540㎜

 

現行モデルのサイズ

全長3975㎜ / 全幅1740㎜ / 全高1470㎜

 

現行モデルと比較すると全長+80㎜ / 全幅+5㎜ / 全高-40㎜

全長が大きく伸びて、全高もかなり低く現行モデルからさらにスポーティーなスタイルへと進化しています。

日本で発売されるのは【1.2Lガソリンターボ】と【e-208(EV)】

日本に導入されるのはこの2つのパワートレインが有力です。

【1.2Lガソリンターボ】

  • 1.2L 直列3気筒DOHCガソリンターボエンジン
  • 最高出力 ⇒ 130ps

【e-208(EV)】

  • 搭載バッテリー容量 ⇒ 50kWh
  • 最高出力 ⇒ 136ps
  • 最大トルク ⇒ 260N・m
  • 航続距離 ⇒ 340㎞

数値的にはガソリンエンジンで130ps,EVで136psとBセグメントカーとしては十分なパワー(最高出力)がある車ですのでどちらのパワートレインを選んでも走りを楽しめそうです。

まとめ

「3つの爪」をヘッドライトとテールランプに表現した斬新なデザインなどが認められ「レッドドット賞」というドイツの権威あるデザイン賞を受賞しています。

車にとって走行性能はもちろん大切ですが「見た目」も結構重要です。

一目で『新型プジョー208』とわかる「3つの爪」の日本での登場を期待しましょう。

  • 発売時期⇒2020年11月
  • パワートレイン ⇒ 2種類 1.2LガソリンターボとEV(50kWhバッテリー搭載)
  • 発売価格
    • ⇒ 1.2Lガソリン 258万円から
    • ⇒ EV 385万円から

プジョーの新型208が発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度査定で確認してみてくださいね。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

スポンサーリンク

-車種情報

Copyright© モビラボ , 2020 All Rights Reserved.