お役立ち情報

パワステオイルの交換時期の目安は?劣化や不足した時の症状や料金も解説!

皆さんはパワステオイルの交換って必要だと考えていますか?

ステアリングを軽くするために使用されている油脂であるパワステオイル(フルード)の交換時期や必要性などを解説していきます。

スポンサーリンク

パワステオイルの交換時期の目安はどのくらい?

パワステオイルはいったいどのくらいで交換したほうが良いのでしょうか?

エンジンオイルと比較してみると、エンジンオイルの様に高温・高圧で摩擦係数の高い状況で使用されるオイルではありません。

 

エンジンオイルは3,000㎞から5,000㎞ごとに交換することが推奨されていますが、パワステオイルは、30,000~40,000㎞を目安に交換することが望ましいでしょう。

じつはメーカーの説明書を見ても、明確に記載してあることが少なく「無交換」と考えてしまうのも無理ない状況です。

 

ですがエンジンオイルと使用環境は違ってもパワステオイルも劣化していきます。

定期的に交換することで不具合症状発生を抑制できると考えます。

 

カー量販店などでは2年または20,000㎞を推奨していたりもします。

交換しないよりも交換したほうが良いのですが、同社では車検にあわせて交換するという目的もあると考えます。

 

パワステオイルは全く交換しないで100,000㎞も走行したなどという人もいるのではないでしょうか。

比較的長いスパンにはなりますが、定期的に交換することで快適なステアリング操作を持続させられるという考えを第一前提に30,000~40,000㎞での交換をおススメします。

 

筆者は、40,000㎞前後でパワステオイルを交換しています。

ただし不具合症状がでている場合は、直ちに交換しましょう。

  • ハンドル操作時に異音発生「ウォーン」、「ウィーン」など
  • ハンドルが重たい
  • ハンドル操作がぎこちない「引っかかる」

など

スポンサーリンク

パワステオイルが劣化や不足した場合の症状と交換料金も解説!

パワステオイルの劣化や不足といった症状はどのように起こるのでしょうか?

ここでは、劣化・症状・交換費用などを解説します。

パワステオイルの劣化

新しいパワステオイルは濃い目の赤色をしています。

パワステオイルが劣化してくると段々黒くなり、最後は真っ黒になります。

エンジンルーム内のパワステオイルリザーバータンクで確認可能なので一度見てみましょう

パワステフルードの不足

パワステフルードは基本的に密閉されているので、極端に減少していくことはありません。

もし明らかに不足しているようであれば、パワステオイルラインのどこからか漏れていることになります。

 

いままで規定量であったのに減っているようであれば漏れていないか点検してもらうのが良いでしょう。

漏れていてオイル量を放置してしまうと、パワステポンプが故障(焼き付き)し高額な費用負担になる可能性があります。

※パワステオイルは、ホット状態とコールド状態で油面の高さが違います。チェックする際は、同じ環境で行いましょう。

パワステオイルの交換費用は?

  • ディーラーでは、7,000円から10,000円ほどかかる場合が多いです(オイル量を含めて)。これは、オイルラインのホースなどを外し、できるだけ交換するようにしているからです。
  • 一般の整備会社などでは、5,000円前後が多いでしょう。こちらは、リザーバータンクから抜き取ったオイル分だけ補充を繰り返して綺麗にするという方法です。
  • 大手カー用品量販店では、オイル代こみで3,454円(税込)というところがあります。交換方法は、一般の整備会社と同様の方法(機械か手動)となります。

一般的にパワステオイルの交換は、エンジンオイルの様に95%交換できるといったオイルではありません。

古いオイルを出来るだけ綺麗なオイルにするといった交換方法です。

また使用するオイルの量も1L前後です。

まとめ

パワステオイルの交換時期の目安や劣化、不足した時の症状や料金をまとめると

  • パワステオイルの交換は、30,000㎞~40,000㎞がおススメです
  • 不具合のあるときは、すぐに交換しましょう
  • 減っている時はもれている可能性が高いです
  • 交換費用は、(高)ディーラー→一般の整備会社→大手カー量販店(安)の順です

定期交換、点検をすることで液不足や劣化を未然に防げるのがパワステオイルです。

快適なカーライフのためにも一度リザーバータンクを覗いてみましょう。

スポンサーリンク

-お役立ち情報

© 2020 モビラボ