お役立ち情報

スタッドレスタイヤの履き替えはどこでする?作業時間や工賃の目安も紹介!

タイヤ交換って意外と面倒で、どこでやってもらうのが良いのか悩んでしまう方もいますよね。

筆者はそんな面倒なタイヤ交換(夏タイヤホイー付き⇔スタッドレス+ホイール付き)を自分で行っています。

 

20分くらいで出来るとはいえ結構面倒な作業であります。

そこで今回の記事では自分で作業するのではなくタイヤ交換をしてもらうことを前提に、それぞれの店ごとによる特徴や価格等をご紹介していきます。

※タイヤの脱着=交換として、わかりやすくしています。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤの履き替えはどこでする?

一口にタイヤ交換と言ってもどんなところで作業するのが良いのでしょうか?

ここではタイヤ交換(夏タイヤホイー付き⇔スタッドレス+ホイール付き)をしてくれるお店と特徴等をご紹介します。

ディーラー

まずは王道といえるディーラーでのタイヤ交換があります。

タイヤのことだけでなく日常点検も行ってくれるので、普段からディーラー点検等を行っている人はディーラーでタイヤ交換をお願いするのがおすすめです。

またディーラーではタイヤ預かり(別途費用)も行っているところがありますので、タイヤ保管と一緒にお願いするのもよいでしょう。

◇タイヤショップなど

とにかく安価で済ましたいという方は、タイヤショップやタイヤ交換ショップを利用するのが良いでしょう。

ご自身でタイヤの持込をしないとならないですが、タイヤ交換だけであれば安く出来るショップも多いです。

またタイヤ交換ショップでは出張交換も行っているショップもあるので、タイヤの持ち運びが大変な方には便利ですね。

大手量販店

量販店はいろいろな作業をお手ごろな価格で作業してくれるのが魅力ですよね。

意外とタイヤ脱着も良心的であったりします。

またオイル交換などと一緒に作業してもらうことで、一箇所でいろいろなメンテナンスをすることが出来きるのがポイントです。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤの履き替えの作業時間や工賃の目安は?

実際にスタッドレスタイヤ+ホイール付きを夏タイヤ+ホイール付きから交換した際、実際にはどのくらいの料金がかかって、どのくらいの作業時間がかかるのか経験なども含めて解説します。

ディーラー

筆者の営業車はディーラーでタイヤ交換をしています。

経験ではタイヤ交換を行ってもらう場合には、まず予約が必要になる場合が多いです。

 

予約が取れれば30分くらいで交換作業が終了することが多いです。

一方予約しないで突然の交換依頼をした場合、その日に作業が×だったり丸一日預かりが必要になったりといった可能性もあるので事前予約がおすすめです。

 

タイヤ交換工賃は一般的に4000円以上かかっている印象です。

工賃は高くてもディーラーの確かな品質をという方にはおすすめです。

  • 作業時間は、予約があれば30分前後、無い場合は作業できない場合も
  • 作業工賃は、夏タイヤ外し500円/本、スタッドレス取り付け500円/本、で4000円前後から8000円前後(倍)など、結構幅広い設定です。

タイヤショップなど

意外とお安い価格設定となっているのが、タイヤショップやタイヤ交換ショップの特徴でもあります。

だからと言って安心・安全作業であることにはかわりません。

 

一度お願いしたことがあります。

また普段忙しくて中々タイヤを持ち込んで出来ない人には、出張交換の依頼も可能な場合があります。

 

なるべく安く手間をかけずという人には、おすすめです。

格安タイヤ交換(北海道偏)

https://www.facebook.com/pages/HCS%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9/177853698960435

https://www.tire-fitter.co.jp/trip1516/

  • 作業時間は、予約ができれば30分前後で作業可能、予約が出来なければ数時間
  • 激安999円(1台)から3000円くらいまで多様
  • 出張料金を払うことで、忙しい方には便利な交換も可能に

量販店

量販店では全国一定の価格設定でタイヤ交換を行っているのが特徴です。

またその中でもキャンペーンなどを行っていることがあるので、チラシなどのチェックも大事になりますね。

他の作業と組み合わせて(エンジンオイル交換など)、総合的に安価でという方にもおすすめです。

  • 作業時間は、予約ありの場合は、30分~40分前後、なしの場合は数時間待ちの場合あり
  • 作業工賃は、3000円から5000円前後が多いでしょう。

https://jms-car.com/mtimages/blog48/2018/10/14/%E9%87%8E%E3%80%85%E5%B8%82%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4%E4%BA%A4%E6%8F%9B02.pdf#search='%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9+%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4%E8%84%B1%E7%9D%80%E5%B7%A5%E8%B3%83'

※タイヤサイズによって交換工賃の変動が、ディーラー、タイヤショップ等、量販店いずれの場合も発生すると考えてください。

まとめ

タイヤ交換(脱着)をまとめてみると

  • タイヤ交換作業を依頼する場合は、ディーラー、タイヤショップ、量販店などがあります
  • 工賃設定は、ディーラー→量販店→タイヤショップ等の順番になるでしょう
  • 作業時間はほぼ30分~40分、予約の有無が時間に影響

この他にもスタンドで交換する方法や、いつもお付き合いしている整備工場で交換する方法などいろいろあります。

まずは皆さんの生活空間などに合わせてチョイスされることが良いのではないでしょうか!

スポンサーリンク

-お役立ち情報

© 2020 モビラボ