お役立ち情報

車のエアコンが効かない原因は?故障の確認方法や修理費用も!

カーエアコンのスイッチをオンにしたのに「何か冷えないな~」なんてことを経験したことはありませんか?

筆者はカーエアコンで苦い経験があります。

 

暑い夏の日に海に行った帰り道で起きました。

いきなりエアコンのヒューズが切れ、全く風も出てこなくなってしまい、修理に出したらコンプレッサーの焼きつきでした(泣)。

 

このようなことにならないように、また実際になってしまったときの確認方法や修理費用などを解説します。

スポンサーリンク

カーエアコンの効かない原因は?

カーエアコンが効かない理由は意外にたくさんあります。

ここでは具体的なエアコンが効かない理由を解説します。

エアコンガス不足

代表的なエアコンが効かない理由として、エアコンガスの不足があります。

エアコンガスは、経年使用で徐々に減っていきます。

また配管の腐食などから漏れてしまっていることも考えられます。

コンプレッサーの不良

コンプレッサーを回すためのベルト不良が起こっている場合や、コンプレッサークラッチの不良でエアコンが効かない場合がらいます。

そして筆者が経験した焼きついてしまいコンプレッサーが故障してしまった場合などで、エアコンが効かないなんてこともあります。

冷却水不足

冷却水の不足により車内にあるエバポレーターというラジエターを小さくした暖める部分にラジエター液が循環せず、暖房としての機能が低下する場合があります。

サーモスタット不良

ラジエター液の配管の中にはサーモスタットという一定の温度になると開閉するパーツが組み込まれています。

このパーツは、ンジンを守る装置であり、暖房時に暖かい空気が送られるようになるものでもあります。

サーモスタット不良によりラジエター液温度が上がらず、暖房が出ないなんてこともあります。

センサー等の不良

最大にすると風が出るのだけど微小などの調整ができないなんて場合は、センサー系(ICレギュレーター)などが疑わしくなります。

また車内のブロアファンの故障で風が出てこないなんてこともあります。

スポンサーリンク

カーエアコンの故障の確認方法や修理費用の目安も紹介!

実際にエアコンが利かない?ってことが起きた場合の、自分自身での確認方法や修理金額などを解説します。

エアコンガスがない場合

最近の車にはエアコンガスの窓が付いていないものもあるのですが、窓がついている場合にエアコンをかけてもその窓に空気の泡が大量に出ている場合は、エアコンがスの不足や漏れの可能性が高いです。

早めにエアコンガスを充填してもらいましょう。

放置してエアコンを使用すると、コンプレッサーの焼き付きなど修理代が大きくなってしまいます。

  • エアコンガスの補充は、大体1本3500円前後となります(不足量により、複数本の場合アリ)
  • コンプレッサー故障の場合は、40,000円前後から100,000円以上と車種や使用メーカーで大きく変わります

冷却水不足やサーモスタット不良の場合

冷却水が不足している可能性がある場合は、まずリザーバータンク(緑か赤色の液体)内に規定量のラジエター液が入っているかを確認し、エンジンが冷えている状態でラジエターのキャップを空けてラジエター液が入っているかを確認下さい。

サーモスタット不良の場合は一度空けて不良パーツかどうかの確認が必要ですので、車に詳しくない人はディーラー等で点検してもらうのが良いでしょう。

  • ラジエター液の不足であれば、2Lで1,000円から1,500円位で販売されています。間違っても水道水をそのまま入れるのは、やめましょう。ラジエター内部の錆などの原因にもなります。
  • サーモスタット不良の場合は、パーツが、3,000円から7,000円前後で、工賃が5,000円から10,000円前後になります(車種により違いアリ)。

センサー等の不良

最近の車はオートエアコンが多くなっています。

エアコンを制御する基盤不良でエアコンや暖房が効かないなんてこともあります。

 

またICレギュレーター不良により風量調整が効かないということも考えられます

2回ほど経験したことがありますが、ブロアファンの故障などもあります。

  • エアコンの基盤などは、意外と高く30,000円前後は、かかることが多いです
  • ICレギュレーター不良は、5,000円から15,000円前後のパーツ代に10,000円前後の工賃となってくることが多いでしょう。
  • ブロアファン不良は、いがいとわかり易く、異音がする場合と、ファンが回っていない場合があります。パーツ代金は、10,000円から20,000円で、工賃が意外と高く15,000円位はするでしょう。

 

エアコンの不具合は例えばガスやラジエター液が不足しているだけなのか、漏れてしまっているのかなど、自身では判断がつかない場合が多いのでディーラーや整備工場などできちんと診てもらい修理することが望ましいでしょう。

またその不具合を放置してしまうと大きな損害につながる(ラジエター液不足→エンジン故障、エアコンガス不足→コンプレッサー不良)ので、早急に対応するのが良いと思います。

まとめ

カーエアコンが効かない原因や確認方法をまとめると主に以下のようになります。

  • エアコン不良には、主にエアコンガス不足(漏れ)、コンプレッサーの不良、ラジエター液不足(漏れ)、サーモスタット不良、その他センサーやファン故障などがあります
  • 原因の確定や推察は行いながらも、ディーラーや整備工場できちんと確認してもらい、修理作業をしてもらうのが良いでしょう。

 

実際にコンプレッサーの焼きつきを起こしてしまったときはコンプレッサーが特殊であったために、150,000円ほどかかるといわれてしまいました。

被害を拡大させないためにも何かおかしいと思った際には(冷房も暖房も)早めに原因究明をして、修理するのが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

-お役立ち情報

© 2020 モビラボ