車種情報

新型レクサスRXのフルモデルチェンジ発売日はいつ?エンジンラインナップや価格も予想!

レクサスの上級SUVであるRXはガソリンエンジンとハイブリッドを用意しており、先進的なスタイリングを持った一台です。

初期はハリアーと同系だった時期もありましたが、3代目以降からは独立したモデルとなっているんですね。

現行モデルは3列シートモデルが登場するなど、よりバリエーションに富んだものとなっています。

スポンサーリンク

新型レクサスRXの発売時期はいつごろ?

レクサスRXは現行モデルが2015年に発表されていますが、デザイン変更を伴うビッグマイナーチェンジを2019年8月に行っています。

この経緯から次世代モデルの登場は早くても2021年以降になると見られます。

 

歴代レクサスRXのモデルチェンジ周期は6年程度ですが、次期レクサスRXの登場は2022年以降になるなどこれより長くなる可能性も考えられます。

またトヨタ・ハリアーとの関係性から、ハリアーのフルモデルチェンジより先にレクサスRXがフルモデルチェンジされる可能性は低いでしょう。

 

レクサスRXは海外でも人気の車種のため、海外のモーターショーにも注目するとよいでしょう。

スポンサーリンク

新型レクサスRXのスペックや価格予想も!

新型レクサスRXのエクステリアはスピンドルグリルが継続されていることや、ランドクルーザーのような角ばったデザインにならないことは確定的だと思います。

レクサスのSUVのコンセプトカーは2018年のLF-1 Limitlessというものが登場していますが、時期的にはこの車とはあまりにないのではと考えられます。

 

エンジンは450hではクラウンと同等の3.5L V6 エンジンとマルチステージハイブリットシステムの組み合わせとなることが考えられ、システム出力は350馬力を超すでしょう。

燃費は現行RX450hとあまり変わらない数値となるはずです。

出力は下がりますがRAV4と同等のプラグインハイブリッドの採用も考えられます。

 

RX300の2.0リッターターボエンジンに関しては現行のバージョンアップにとどまり、10%程度の燃費・出力向上が目指されるでしょう。

また4WDシステムはトルク配分能力などでバージョンアップされる可能性があります。

 

インテリアは現行の路線の延長にあり、より高級感のあるものとなるでしょう。

予防安全装備は当然最新のものとなるはずですが、運転支援システムに関してはレベル2までは搭載されるかもしれません。

 

価格は現行モデルと据え置きか10万円以内の上昇にとどまると予想します。

プラグインハイブリッド車の場合はベース車より60万円は高くなります。

まとめ

次世代モデルレクサスRXは早くても2021年、もしくは2022年以降に発売される可能性が高く、海外も含めたモーターショーでプロトタイプが展示されます。

デザインやサイズはキープコンセプトとなり、3列シート車も継続設定されるでしょう。

 

ハイブリッドシステムはクラウンをベースに進化したものとなり、システム出力は350馬力以上と現行の313馬力を大きく超えるものとなるはずです。

またプラグインハイブリッド車の設定もあるかもしれません。

 

ターボエンジンは現行のものをアップデートしたものとなるでしょう。

価格は大きく変化はなく、10万円までの値上げにとどまるはずです。

スポンサーリンク

-車種情報

© 2020 モビラボ