お役立ち情報

ホイールバランスを取らないとどうなる?調整の必要性や料金相場も紹介!

 

新品のホイールやタイヤ、中古のホイールやタイヤなどを購入した時に、ホイールバランスを取らないで車に装着したために、乗っていて振動などが大きくなって困ったことなどは無いでしょうか?

今回は、ホイールバランスの重要性と、調整しなかった場合の不具合、調整するのにはいくら位かかるのか?などを解説します。

スポンサーリンク

タイヤ交換時にホイールバランスを取らないとどんな症状になる?

筆者在住の降雪地帯では夏タイヤと冬タイヤの2種類、合計8本のタイヤが必要なので、ホイールバランスを取らないで車に装着したこと(費用をケチって)があるのですが、何かしらの不具合がいつも起きています。

ここでは、不具合・症状などを解説します。

顕著に現れる症状

ある速度域のみでハンドルに振動が起き(ガタガタ・ブルブル)、乗っていて非常に気持ちが悪い症状。

例えば90km/h付近でのみ振動がするなど。

これは、まさにホイールバランスが狂っているためにおきるシミーという現象です。→筆者はいつもこのパターンです。

症状から不具合へ

実際にホイールバランスが大きく狂ったまま走行を続けてしまうと、以下のような不具合をおこすことがあります。

  • タイヤの変磨耗が発生する。
  • サスペンション周辺のパーツ(リンクやブッシュなど)の故障の原因になる

タイヤの変磨耗やサスペンションパーツで不具合が起きてしまうと、その原因がホイールバランスなのか、他に原因があるのかの特定から作業が始まります。

タイヤも交換でサスペンション周辺のブッシュもダメなんてことになると、費用も大きくなりますよね。

スポンサーリンク

ホイールバランス調整の必要性や料金相場も紹介!

よく「新品タイヤ購入時にバランス取ったから!」と聞くのですが、新品購入時などにホイールバランスを取ってもらうことは、大切なことなのですが、筆者は、何シーズンか乗ったタイヤのホイールバランスが一番重要と考えます。

  • タイヤは均等に減らない
  • ホイールを縁石などに擦ってしまう
  • ホイールに点けたバランスウェイトが剥がれ落ちる

新品時にホイールバランスを取った際に沢山のウェイトがホイール内側についているものは、新品時でそれだけ調整されているという証なので注意が必要ですね。

実際の料金相場っていくら位なのでしょう?

新品タイヤ+ホイールを同時購入したときなどは、販売先などでサービスしてくれることも有りますよね。

タイヤのみ等を購入した際は1,000円から2,000円(1本あたり)くらいは、工賃がかかるでしょう(ホイールインチによっても価格差アリ)。

 

この作業代はディーラー、整備工場、大手カー量販店で大きく変わることはなく、キャンペーンやチラシ広告などで半額や条件付無料などとなっていることがあるので、うまく活用できればと思います。

またホイールバランスのみという作業よりも購入時に工賃合計としてセットされている方が安いことが多いと感じます。

 

実際に症状や不具合が出てしまったときは、ディーラーや整備工場にいくのがベターではないでしょうか。

まずは点検をしてもらうことが一番重要です。

まとめ

ホイールバランスの重要性や料金相場をまとめると以下のようになります。

  • ホイールバランスを取らないと、シミーが発生する可能性が高い
  • ホイールバランスが狂ったまま走行すると、タイヤやその周辺に不具合が起こることがある
  • ホイールバランス工賃は、ディーラー、整備工場、大手カー量販店で大きな差はないでしょう

筆者はこのホイールバランスをケチって取らなかったことが何度もあります。

結果、後にホイールバランスを取りにいくという二度手間になっています。

 

ホイールバランスの狂いはタイヤやホイールの健康バロメーターでもあります。

きちんと調整して快適なカーライフを過ごしてください。

スポンサーリンク

-お役立ち情報

© 2020 モビラボ