車種情報

VW新型Tクロスの日本発売グレードのサイズや価格は?エンジンスペックと4WD設定の可能性も!

『新型Tクロス(ティークロス)』をフォルクスワーゲン グループ ジャパンが発表しました。

2019年11月27日から受注をスタートしています。

 

VWから3車種目となる小さなSUV『新型Tクロス』

ボディサイズや日本で発売されるグレードやエンジンスペックが気になりますよね。

今後の展開や期待などもお知らせします。

スポンサーリンク

Tクロスの日本導入仕様のサイズや価格は?

日本で導入時に発売されるグレードは2種類あり、

・ T-Cross TSI 1st 車両本体価格(税込)2,990,000円

・ T-Cross TSI 1st Plus 車両本体価格(税込)3,359,000円から

【導入記念特別仕様車】という扱いになります。

 

ボディサイズは、全長 4115mm  / 全幅 1760mm / 全高 1580mm / ホイールベース 2560mmです。

同社の現行ポロとほぼ同じサイズですのでポロのSUVと想像するといいのではないでしょうか。

 

 

グレードの違いは以下のようになっています。

  • 【1st】がベース車でシンプルな外観 ⇒ 硬派な方
  • 【1st Plus】デザイン性を持たせた装備や外観 ⇒ デザイン重視の方

 

発売前に全国183か所のディーラを巡る【全国キャラバン】がありますので早く現車を見たいという方はタイミングが合えば会いに行ってみたいですね。

スポンサーリンク

Tクロスのエンジンスペックや4WD搭載の可能性は?

『新型Tクロス』のエンジンスペックは以下のようになっています。

  • エンジン ⇒ 1.0L 直列3気筒ターボ
  • 最高出力 ⇒ 185kW(115ps)
  • トランスミッション ⇒ デュアルクラッチ式7速DSG
  • 使用燃料 ⇒ プレミアムガソリン(ハイオク)
  • 駆動方式 ⇒ 2WD(FF)

 

欧州複合モードで《1リットル=19.2㎞》という低燃費のエンジンです。

日本に最初に投入されるのは、まずはこのエンジンのみとなりますが、本国ドイツのラインナップには1.6L TDI(ディーゼルターボ)というさらに低燃費の魅力的なエンジンが設定されています。

 

日本メーカーにも同クラスの車種には、ほぼ4WDの設定があります。

本国ドイツにもFFの設定のみで4WDがラインナップに加わることは難しいでしょう。

まとめ

VWでいちばん小さなSUV『新型T-Cross』

いま流行のダウンサイジングターボを搭載しハイパワーなのに低燃費。

 

価格も299万円からとオシャレでお得な車として日本に第一弾(1st)として登場。

2nd、3rd…と今後新しい展開が期待されます。

スポンサーリンク

-車種情報

© 2020 モビラボ