車種情報

新型アウディe-tronGTの日本発売日はいつ?航続距離やスペックと価格予想も!

2018年11月28日のロサンゼルスモーターショーで展示されたアウディによる電気自動車のセダンのコンセプトカーe-tronGTは2020年後半に市販される予定となっています。

日本にも導入の可能性が高い一台ですが、右ハンドル化と充電機能の日本国内仕様に合わせる必要があるため2020年内とはならず、遅れての登場になると見られます。

 

アウディの新型e-tronGTが発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度確認してみてくださいね。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

スポンサーリンク

新型アウディe-tronGTの日本発売時期はいつごろ?

まず新型アウディe-tronGTの左ハンドル仕様の発売時期ですが、2020年後半ということのみで細かい日付まではわかっていません。

情報が明らかになるのは今後の海外モーターショーになると思われ、10月のパリモーターショーまでには詳細が明らかになるでしょう。

 

一方日本国内の発売時期は半年程度の遅れと考えて2021年5月、1年程度の遅れで2021年後半となりますが、東京モーターショーでのデビューが確実とは言いがたいのではないでしょうか。

左ハンドル仕様のデビューがわかって以降の情報は国内アウディホームページでどの程度分かるか難しいですが、2021年内には発売されるというのが目安といえるでしょう。

 

なおアウディe-tronGTはスポーティな電気自動車の4輪駆動セダンで外観デザイン、インテリアともに公開されており、実際の走行も可能でもある程度実現性の高いデザインとなっています。

乗車定員は不明ですが5人乗りと思われ、コンセプトカーの時点ではリアシートにセンターアームレストはなくクーペ的な立ち位置とみていいでしょう。

スポンサーリンク

新型アウディe-tronGTのスペックや価格も予想!

新型アウディe-tronGTのスペックはコンセプトカーの時点である程度発表されており、

サイズは

  • 全長4,960mm
  • 全幅1,960mm
  • 全高1,380mm

モーター出力は590PSで航続距離は400km、四輪駆動を採用しています。

 

タイヤは285/30R22サイズとかなりの扁平率の大径タイヤとなっています。

一方予防安全装備などは明らかになっていませんが、発売時点で最新のものが搭載されることは間違いありません。

 

インパネ周りにはタッチパネル式ディスプレイによるナビゲーションやコネクトシステムがコンセプトカーの時点で搭載されており、市販車にも採用されるでしょう。

大型グラスルーフも装備されていますがこちらも少なくともオプションで選択できるようになるでしょう。

 

価格はアウディ内にヒントとなる車種がありませんが、他メーカーで比較的近いスペックを持つ電気自動車スポーツセダンのテスラモデルSの価格か1281万円となっており、少なくとも1500万円にはなると考えられ、2000万円台を予想しているサイトも存在しています。

まとめ

新型アウディe-tronGTはクーペスタイルを持つ電気自動車の4ドアセダンで、590馬力の出力を発生し四輪を駆動します。

コンセプトカーの時点でインテリアまで発表され、市販仕様はかなりインテリア、エクステリアとも近いものになると考えられます。

 

国内での販売時期は早くて2021年春、遅くても2021年内には発売時期がわかるようになるでしょう。

価格は不明な点が多いですが1500万円から2000万円程度にはなると見られます。

アウディの新型e-tronGTが発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度査定で確認してみてくださいね。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

スポンサーリンク

-車種情報

© 2020 モビラボ