お役立ち情報

洗車時に傷がつかない洗い方は?初心者にもおすすめな手順と道具まとめ!

洗車って皆さんどうされていますか?

「車は自分で洗うもの」、「スタンドなどで洗って貰うもの!」、「面倒でほとんど洗わない」などなど色々なご意見があると思います。

 

せっかく洗車しても車にとって、非常に悪影響(洗車傷など)が出るのを知らないで洗車している方も結構いるのではないでしょうか。

今回は初心者にというか、初心者だからこそ抑えておきたい自宅での洗車手順と、そろえておきたい道具などをご紹介します。

スポンサーリンク

車に傷がつかないおすすめ洗車方法の手順などは?

車の洗車方法を間違っちゃっただけで後から傷がついてしまっていることに気づき、ガッカリなんてことがありますよね。

ガッカリを防ぐためにも、より良い手順で傷のつきづらい洗車方法をご紹介します。

意外と皆さん洗車をする天候・時間帯を間違っていませんか?

「今日は、晴れていて暖かい昼だから、洗車でもしようか」なんて、皆さんも思ったことありませんか?

日差しがまぶしい昼、メロドラマに出てくるような洗車日和というのはしてはいけない洗車です。

 

炎天下でボディが熱くなった状態での洗車スタートは、水をかけただけでシミや日焼けの原因になり傷に直結します。

 

実際に洗車で推奨されているのは曇りの日、もし晴れているならば午前中早目か夕方が良いでしょう。

また、なるべく埃がつかない風の少ない日が良いですね。

初心者だからこそ、覚えておきたいことでしょう。

【洗車手順1】洗車というだけあって洗車には充分な水が必要です。

車には埃や泥など多くのものが付着しています。

それらを洗車で綺麗にすることになります。

 

まずは充分な水(ホースなどを使用・出来ればノズル付き強水流)で汚れを洗い落としましょう!

ボディが冷えている時にやるのも重要なことです(炎天下や運転直後はさけましょう、水が乾いてスポット跡になります)。

【洗車手順2】シャンプーで洗車をする際の注意点

次にバケツに水を汲み、よく泡立てながらスポンジなどで洗車をして行きます。

このときも重要なのは、洗車をしながらホースなどの水で適時洗い流していくことです。

 

なぜならシャンプーは基本的に車のボディで乾くと傷などの原因になるのと、落ちていない泥汚れをスポンジなどで傷つけることを避けるためです。

綺麗にシャンプーが残らないように水洗いをきちんとしましょう。

このときルーフ、ボンネット、トランクなど日差しで傷やシミの原因になりそうなところは充分に水をかけるとよいです。

【洗車手順3】ふき取り作業で洗車時の傷をつけないようにする

綺麗なふき取り専用クロスですばやく水を吸い取っていってください。

ふき取るという表現ではなくすばやく水をなくしていくというのが、ボディに傷などを残さないふき取り方です。

ゴシゴシとふき取ったり、汚れたタオルを使用するなどは、傷の原因になるので避けたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

初心者に必要な洗車道具を紹介!

ホームセンターやカー用品店では、色々な洗車道具が販売されていますね。

筆者自身も非常に悩んでしまうことが有ります。

初心者の方向けの必須洗車道具をご紹介します

洗車をするには所有車(エクステリアカラー)にあったものを選ぶのが重要です。

濃色用・淡色用と現代ではボディコート車用のシャンプーがあります。

適切なシャンプーを購入しましょう。

自分のエクステリアカラーが濃淡判断の難しいカラーの場合は、濃色用を選べば間違いないでしょう(コンパウンドなしのため)。

スポンジは泡たちの良いものを選び使用後は綺麗な状態にしておく

洗車用スポンジを購入しましょう。

スポンジ自体はボディの泥汚れを落としていき、さらにボディに傷をつけない役目(気泡が沢山あり)をしています。

 

泡立ちが悪いもの(シャンプー由来もある)は洗車中に傷をつける恐れが有りますので、洗車前に泡立ちを確認しましょう。

洗い終わったスポンジは、次回洗車のためにきちんと汚れを落として乾かしましょう。

ふき取りクロスは多少高くてもよいものを沢山用意しましょう

一番重要ですばやく行いたいのがふき取り作業(水分除去)です。

マイクロファイバークロスなど多少高価なものでも多めに購入すると良いでしょう。

すばやくふき取るのが傷の原因になる埃の再付着を防ぐためです。

まとめ

今回の記事では初心者の方に向けて傷をつけない洗車のやり方の手順や注意点について以下のような点を説明してきました。

  • 洗車は、ボディが熱いときには行わない(かえってボディを傷める)
  • 充分な水で、汚れを流す
  • シャンプーは、スポンジでよく泡立たせ、洗いながら水で流していく
  • ふき取りは、水分を除去するようにやさしく、良質な専用クロスがベター
  • シャンプーは、エクステリアカラーやコーティングの有無で選びましょう
  • スポンジは、洗車スポンジを購入し、洗車後は綺麗にしましょう
  • ふき取り専用クロスは、多めに買いましょう!

 

1回覚えてしまえばルーティン作業ですので簡単に洗車できるようになるでしょう。

スポンサーリンク

-お役立ち情報

Copyright© モビラボ , 2020 All Rights Reserved.