お役立ち情報

タイミングベルトの交換時期はどのくらい?切れるとどうなるかや費用も解説!

タイミングベルトはエンジンを構成するパーツの中でも非常に重要なパーツです。

またエンジン内部に使用されているゴム主体のパーツの中で、1番面積的に大きいものです。

交換しないで乗り続けてしまいベルトが切れると、重大な事故などにもつながりかねないパーツでもあります。

今回はタイミングベルトの交換時期などを解説します。

スポンサーリンク

タイミングベルトの交換時期の走行距離や年数の目安は?

タイミングベルトとはいったいどういう仕事を担っているパーツでしょうか?

またエンジン内部で見えないパーツでもあるので、ここでは適切な交換時期がどのくらいなのかを解説します。

タイミングベルトってどんな働きをするパーツ?

タイミングベルトとはクランクシャフトとカムシャフトをつなぐゴムと金属で構成されているパーツです。

クランクシャフトが回るとベルトも回りカムシャフトを動かすことで、適切な空気と燃料をバルブ開閉によってシリンダー内に入れ燃焼後の排気をしてくれるようになります。

エンジンを駆動させるのに不可欠なパーツですね。

タイミングベルトの交換時期等は?

結論から言うと10万キロを目安に交換することが一般的に推奨されています。

あくまでこれは目安としての10万キロですので、高速走行や山間部走行などが多くエンジン常用回転数が高めのユーザーは、もう少し早めの交換が良いでしょう。

 

軽自動車の場合はもともと常用回転数が高めなので、交換時期が早まる傾向があります。

また走行距離が10万キロに達していないけれども10年以上経過した車は、ゴムの劣化は走行だけでなく経年劣化するものですので、交換をおススメします。

 

タイミングベルトはファンベルトのように目視では劣化状態が確認できません。

それはカバーによって覆われているためです。

 

タイミングベルトは先程もお話ししましたがゴムを主体にしたパーツですので、劣化や亀裂などが長期使用で発生します。

また最悪の場合には切れてしまうなんてこともあります。

スポンサーリンク

タイミングベルトが切れるとどうなるかや交換費用も解説!

タイミングベルトが切れてしまったら、エンジンなどはどうなってしまうのでしょうか?

ここでは切れたりしたときの解説やタイミングベルト交換の費用などを解説します。

ベルトが切れたり、ベルトの内側の「コマ」が欠けたりした場合

車を長期使用してしまい実際にタイミングベルトが切れたり、内側に切ってある(コマ=溝)が、欠けたりしてしまうと、ピストンとバルブのタイミングが合わなくなり、両パーツが接触して、壊れてしまいます。

エンジン不調なだけでなくエンジン自体が壊れてしまいますので、いきなりエンジン停止ということになります。

 

また急にエンジンが止まってしまいますので、重大事故にもつながる可能性があります。

エンジン自体が破損してしまうと、エンジン修理の費用(日本車)は、30万~50万ほどは、かかってしまいます。

交換費用の目安

タイミングベルトの交換費用はエンジンのタイプによって金額が変わります。

また横置きエンジンか縦置きか?などでも変わってきます。

 

一般的にはパーツ代と工賃を合わせて少なくても5万円くらいはかかり、エンジンや車種によっては10万円ほどかかる場合もあります。

しかしながら外からでは劣化のわからないパーツで、実際にタイミングベルトが切れてしまったら高額な修理になることを考えると、一定のサイクルや使用状況で交換することが望ましいパーツでしょう。

筆者プチ情報

タイミングベルトを交換するときには一緒にウォーターポンプを交換することをおススメします。

ウォーターポンプはタイミングベルトによってエンジン内部に冷却水を回す役目をしています。

一緒に交換することでオーバーヒートを未然に防げたり、工賃の二度手間を省くことができるからです。

■まとめ

タイミングベルトの交換時期などをまとめると

  • タイミングベルトは、エンジンを動かすのに重要な役割を担っているパーツです。
  • タイミングベルトが切れるとエンジン破損につながります。
  • タイミングベルトの交換時期は、10万キロを目安に、走行状態や経年数によっては早めに交換しましょう
  • 交換費用は、5万円くらいから10万円くらいまでかかる場合が多いです。

 

タイミングベルトが切れてしまうと、エンジン破損や走行中に急に車がストップしてしまうことになります。

適切な交換時期で交換することで、大きな出費や重大事故などを防止しましょう。

スポンサーリンク

-お役立ち情報

© 2020 モビラボ