車種情報

ダイハツ新型ロッキーのグレードによるスペックの違いは?乗り出し価格や値引き相場も調査!

ダイハツロッキーは1.0リッターエンジンを積み全長4m以下、全幅も5ナンバーサイズに収まる新しいコンパクトSUVです。

グレードはPremium、G 、X、 Lの4種類、すべてのグレードで4WDを選べるようになっています。

ロッキーの各グレードのスペックや装備の差や、ロッキーの乗り出し価格、値引き相場についてまとめました。

スポンサーリンク

新型ロッキーの各グレードのスペックはどう違う?

新型ロッキーのグレードは4つ用意されていますが、エンジン出力に関してはすべて同等となっています。

重量の差から燃費が上級グレードのPremium、G グレードがJC08モードで22.8km/lなのに対し、X、 Lは23.4km/l、4WDはすべてのグレードで21.2km/lとなっています。

またホイールサイズの差から最小回転半径がPremium、Gが5.0m、X、 Lが4.9mです。

 

グレードごとの装備はかなり異なり、外観面ではPremium、G グレードに17インチアルミホイール、メッキドアアウターハンドル、イルミネーション付きLEDランプなどが装備され、L以上のグレードではピアノブラック調フロントグリルが用意されます。

シート表皮はPremiumのみ他グレードのフルファブリックに追加してソフトレザー調の生地も採用されます。

Premiumはフットイルミネーションも特徴となっています。

 

メーター類はLグレードとそれ以上のグレードで異なっており、Premium、G 、Xにはアクティブマルチインフォメーションメーターが装備されるのに対しLは自発光式2眼メーターとマルチインフォメーションディスプレイの装備になります。

また、エアコンはLのみマニュアルエアコンなこともポイントといえるでしょう。

 

先進装備ではアダプティブクルーズコントロールはPremium、Gのみ装備、ブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートはPremiumのみの搭載となります。

スピーカー装着数はLがフロントのみ、Premium、G 、Xはフロントリアに装着され、Premium、Gにはさらにツィーターが装備されます。

また、パックオプションはLのみ装備されないケースがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

新型ロッキーの乗り出し価格や値引き相場は?

ロッキーの乗り出し価格はダイハツのロッキーのホームページのオンライン見積もりの機能から調べることができ、最も安いLグレードの2WDで特別塗装を施さない場合2,102,280円からの乗り出しとなります。

本体価格の最も高いPremium のツートンカラーのオプションなしの乗り出し価格は2,574,680円となります。

 

ロッキーの値引きは地域などにもよって異なるようですが、新車ながら値引き幅は比較的大きく15万円程度の値引きに成功した例もあり、8万円程度は無理なく値引きが狙えるでしょう。

なお、オプション装着などで値引きを図ることも可能です。

まとめ

ロッキーはグレードごとのスペック差は小さいですが装備の差が大きく、Premiumは最も装備が充実しており、安全装備面でもアドバンテージがあります。

一方廉価グレードのLはマニュアルエアコンやメーターの面でも簡易化されていることから低価格グレードとしてはGがおすすめといえるでしょう。

 

なお、最低価格ではLグレードの2WD、2,102,280円からの乗り出し価格となり、ボディカラーやグレードによって乗り出し価格は上昇します。

値引き相場は発売から間もない車種ながら8万円以上は狙えるという報告があります。

スポンサーリンク

-車種情報

© 2020 モビラボ