車種情報

新型レクサスLQの発売日はいつ?サイズやスペックと価格も予想!

レクサスはLQという商標登録を2018年に行っています。

このLQは2018年のデトロイトモーターショーで展示されたSUVのコンセプトモデルであるLexus LF-1 Limitless conceptの市販型と見られています。

 

レクサスで「L」が付くモデルはカテゴリーの最上級車となっていることから、RXの方向性でRX以上の高級さを持つ最上級SUVとなる可能性があります。

2019年にはLexus LF-1 Limitless conceptが日本で展示されており、東京モーターショーでは展示されていない経緯から、次にLQにつながるモデルが展示されるのは海外系モーターショーになるでしょう。

 

新型レクサスLQが日本で発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度確認してみてくださいね。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

スポンサーリンク

新型レクサスLQの発売時期はいつごろ?

レクサスの新車・マイナーチェンジ車は基本的にモーターショーで出展されてから数か月後に発売されることが慣例となっています。

LQそのものは2020年のシカゴモーターショーを含めたモーターショーでは展示されていません。

 

3月のジュネーブモーターショー、4月のニューヨークモーターショー、北京モーターショー、6月のデトロイトモーターショーまでに展示があれば年内の発売もアナウンスされるはずで、早くて夏ごろの発売となります。

ただ10月のパリモーターショーでの初展示であった場合は早くても2021年春ごろの発売となるはずです。

スポンサーリンク

新型レクサスLQのスペックや価格予想も!

レクサスLQのもととなるとされるLexus LF-1 Limitless conceptはガソリン車とハイブリッド車だけでなく、EV、プラグインハイブリッド、水素燃料車も想定しています。

この中ではEVとプラグインハイブリッドが現実的なラインといえるでしょう。

 

コンセプトモデルの時点で全長5014mm×全幅1986mm×全高1605mmのサイズを持っているため、どのパワートレーンであっても出力は300馬力程度からのスタートとなると思われます。

ハイブリッドも含めたガソリンエンジンでは3.5リッター以上になるでしょう。

また、トヨタは4WDに最近力を入れているため、少なくともRAV4ハイブリッド以上のトルクコントロール機能を持った4WDシステムが搭載されるはずです。

 

インテリア面ではコンセプトモデルでは4人乗りとなっていますが、市販モデルでは5人乗りになる可能性が高いでしょう。

安全装備ではデジタルミラーの装備はほぼ確定的、何らかの自動運転や運転支援システムの装備も考えられます。

 

価格はガソリン車で最低10,000,000円前後、プラグインハイブリッドで最低11,500,000円前後、EVで13,000,000円当たりのスタートになるでしょう。

まとめ

レクサスLQはレクサスの最上級SUVとなり、コンセプトモデルLexus LF-1 Limitless conceptをベースとしたものとなります。

ガソリン車、ハイブリッド車の設定は確実で、プラグインハイブリッド車の設定も想定されます。

 

出力は少なくとも300馬力以上、価格は最も安いグレードで10,000,000円前後となると見られます。

発売は早くても2020年の夏ごろ、海外のモーターショーでの展示に注目するとよいでしょう。

新型レクサスLQが日本で発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度査定で確認してみてくださいね。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

スポンサーリンク

-車種情報

Copyright© モビラボ , 2020 All Rights Reserved.