車種情報

【EV】マツダMX-30の日本発売日はいつ?スペックや航続距離と価格予想も!

マツダ初となる量産型EVモデルが、東京モーターショー2019で公開されました。

その名は、MX-30です。

 

プラットフォームは、CX-30をベースにています。

エクステリアでは、魂動デザインを進化させ、ユーザーと寄り添うヒューマンモダンをコンセプトに設計。

 

東京モーターショーで発表されたからには、スペックや日本での発売日も気になりますよね。

色々な情報を集めると日本発売は、2020年中との声が多い状況です。

また航続距離は、124マイル(欧州ファーストエディション)、販売価格予定は、33,990ユーロとなっています。

スポンサーリンク

MX-30の日本発売時期はいつごろ?

マツダMX-30の日本発売は、一体いつ頃になるのでしょうか?

現在欧州ファーストエディションの販売開始アナウンスが、2020年3月を予定しています(欧州ホームページ掲載)。

 

これらの情報から日本での販売開始も2020年中という予想が多くなっています。

筆者個人としては、MX-30の日本発売開始は、2020年夏〜秋となるのではと予想します。

 

理由としては、2019年の東京モーターショーで展示したMX-30を、2020年に世界各地で行われるモーターショー前に予約や販売開始のアナウンスをし、マツダ初の量産EV販売開始をアピールすると予想したからです。

EVモデルとなるMX-30は、マツダデザインを更に進化させながら、内装には再生材などをふんだんに盛り込み、環境にも配慮したモデルに仕上げています。

 

エクステリアでは、RX-8を髣髴させるフリースタイルドアが起用されて、大径18インチアロイホイール(欧州ファーストエディション)を装備するなど、未来感と今を融合させたEVモデルですね。

スポンサーリンク

MX-30のスペックや航続距離と価格も予想!

マツダCX-30のプラットフォームを使用していることで、MX-30も全長×全幅は、4395mm×1795mmと同サイズで、全高は1570mmと30mmアップしています。

バッテリーユニットは、34kWhと現在販売されている日産リーフなどと比べて容量が小さく、200kmの航続距離としています。

マツダでもこの航続距離は気にかけているようで、今後ロータリーエンジンを使用した蓄電を搭載したモデルも検討していそうです。

 

このEVモデルの販売価格も気になるところですよね。

現在欧州では、33,900ユーロ(MX-30ファーストエディション)のアナウンスが行われています。日本円で約410万円です。

実際に日本で販売されるとしたら、ベースモデルで380万円前後になると予想します。

まとめ

マツダMX-30の日本販売開始に際して

  • 日本販売開始時期は、2020年中となりそう(筆者予想は、2020年夏から秋)。
  • 販売価格は、ベースモデルで380万円くらいから。
  • 航続距離は、現時点では200kmと少し少なめ(今後航続距離を伸ばす装備追加がありそう)

マツダから、ついに量産EVモデルが開発されました。

欧州で人気の同社にとっては、EVモデルの早期開発が急務になっていたとも考えます。

 

ちょうど良いサイズに載せたEV技術が、今後ロードスターなどのモデルにもフィードバックするのではないでしょうか。

MX-30の日本販売開始が気になるところですね。

スポンサーリンク

-車種情報

Copyright© モビラボ , 2020 All Rights Reserved.