車種情報

スズキ新型エスクードのフルモデルチェンジはいつ?サイズやスペックと価格予想も!

スズキのSUV「エスクード」は1988年にデビューし現在4代目のモデルが販売中の息の長いセールスを続けています。

現行モデルのフルモデルチェンジからまだ時間は経っていませんがコンパクトなSUVが流行っている中で『スズキ新型エスクード』のフルモデルチェンジが近く行われるとの情報が入ってきました。

その時期はいつになるのか?スペックと気になる価格も予想していきます。

 

スズキの新型エスクードが発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度確認してみてくださいね。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

スポンサーリンク

スズキ新型エスクードのフルモデルチェンジ時期はいつごろ?

『スズキ新型エスクード』のフルモデルチェンジ時期は【2021年5月】と予想!

  • 1代目 1988年5月から1997年11月 (9年6か月)
  • 2代目 1997年11月から2005年5月 (7年6か月)
  • 3代目 2005年5月から2015年10月 (10年5か月)
  • 4代目 2015年10月から(販売継続中)
  • ( )内は販売期間

歴代モデルのフルモデルチェンジの周期をみると7年から10年とロングセラーのモデルが多く、現行モデルの販売期間をみると5代目の登場にはまだ早いように思えます。

 

しかし今ライバルとなる世界の自動車メーカーはコンパクトなSUVに力を入れています。

エスクードのヨーロッパ仕様である「ビターラ」にダウンサイジングされた1.0Lガソリンターボエンジンを搭載するという情報もあり、他社メーカーとの競争に打ち勝つためにもフルモデルチェンジの周期を早め

【2021年5月】に『スズキ新型エスクード』の登場となるでしょう。

スポンサーリンク

スズキ新型エスクードのサイズやスペックと価格も予想!

ボディサイズ

『スズキ新型エスクード』のボディサイズはまだ明らかになっていませんが

現行モデルのサイズ 全長4175㎜ / 全幅1775㎜ / 全高1610㎜

コンパクトSUVとして大きなサイズアップはせずに現行モデルに近いサイズとなるでしょう。

パワートレイン

  • 1.0L 直列3気筒ガソリンターボエンジン(102ps)
  • 1.4L 直列4気筒ガソリンターボ+48Vマイルドハイブリッド (136ps)

この2種類となりどちらのモデルもコンパクトSUVらしく小気味よい走りと低燃費を実現してくれそうです。

『スズキ新型エスクード』の販売価格は270万円からと予想!

現行モデル(1.4Lガソリンターボ 4WD)で270万8000円からという価格となっています。

フルモデルチェンジで通常であれば値上がりにとなりますがパワートレインをダウンサイジングすることにより最新の安全技術を装備しても価格を据えおくことが可能になると予想します。

まとめ

1988年にデビューした当時のSUVといえば大きなボディに排気量の大きなディーゼルエンジンという組み合わせのモデルが大半でした。

そんな中、小ぶりなエンジンとボディで街乗りにも似合うライトクロカンというジャンルを確立した「エスクード」。

各メーカーがコンパクトSUVに注力している中、このジャンルを長年牽引してきた「エスクード」がフルモデルチェンジでどんな車になるのか期待しましょう。

『スズキ新型エスクード』

  • 発売時期 ⇒ 2021年5月
  • パワートレイン ⇒
    • 1.0L 直列3気筒ガソリンターボエンジン
    • 1.4L 直列4気筒ガソリンターボ+48Vマイルドハイブリッド
  • 販売価格 ⇒ 270万円から

スズキの新型エスクードが発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度査定で確認してみてくださいね。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

スポンサーリンク

-車種情報

© 2020 モビラボ