お役立ち情報

スパークプラグの交換時期や費用の目安は?寿命や劣化した場合の症状も紹介!

自動車のガソリンエンジンは、適切な空気と燃料そして、火花(燃焼)があってきちんと動き続けてくれます。

もしスパークプラグ交換をしないで乗り続けると、最悪の場合、エンジン不調やエンジン故障にもつながる可能性が高いです。

今回はスパークプラグの寿命や交換時期、交換費用などを解説します。

スポンサーリンク

スパークプラグの寿命や交換時期はどのくらい?

スパークプラグってどんな役目?

適切な空気と燃料がエンジンのピストンで圧縮され、火花で着火し燃えることでエンジンは動いています。

この火花の役目を担っているのがスパークプラグです。

高温、高圧、高ボルトの環境下で働いているパーツです。

スパークプラグの一般的な寿命は?

一般的なプラグは、乗用車で20,000㎞、軽自動車では、10,000㎞が目安となっています。

軽自動車の走行距離が少ないのは、常用回転域が高いためです。

 

また白金・イリジウム(長寿命)などでは、100,000㎞まで大丈夫というスパークプラグもあります。

筆者としてはご自身の走行距離を目安に、車検ごとの交換など定期的にリフレッシュすることが故障を未然に防げると考えます。

スポンサーリンク

スパークプラグが劣化した場合の症状や交換費用も紹介!

スパークプラグが劣化するとどんな症状が起こるのでしょう?

  • スパークプラグが劣化してくると正常に着火されないため、アイドリング不調や始動不良などがおこります。
  • スパークプラグの劣化を放置すると、プラグコードやダイレクトイグニッションコイルの二次故障にもつながります。

スパークプラグ交換に必要な費用っていくら位?

指定されているプラグの種類(一般プラグ、イリジウム、イリジウム長寿命)などのパーツと必要本数によって、パーツ代金は大きく変動するのが特徴です。

  • ディーラーでは、5,000円(交換しやすい)~10,000円(交換しづらい)くらいは、工賃としてかかるでしょう。これに一般プラグは1本500円前後、イリジウム長寿命になると1本2500円前後となります。
  • カー量販店のホームページでは交換の作業性とプラグタイプで、プラグ1本の部品代と交換工賃のセット価格が1,450円から4,620円(税別)とかなり幅広い設定になっています。

 

まずはご自身の車のプラグがいくら位するのかというのを調べることと、作業性が良いのか悪いのかというのも知っておくことが重要でしょう。

エンジンの上にエアクリーナーやインタークーラーなど多くの補器類が装備されているモデルは、交換工賃が上がる傾向があります。

 

意外とプラグ交換は、締め付けトルクなど経験が必要な作業です。

信頼のある所に依頼することも重要ではないでしょうか。

まとめ

スパークプラグ交換時期や費用、不具合をまとめると

  • スパークプラグは、乗用車で20,000㎞(軽自動車では、半分)を目安に交換しましょう。
  • 長寿命タイプを使用している場合は、100,000㎞前後まで使用可能です。
  • スパークプラグの不調症状は、アイドル不良や始動不良として現れます。
  • 交換費用は、スパークプラグの種類、本数、そして作業性で大きく変わります。

筆者はスパークプラグを交換しないで、なんか調子悪いなと思いながらも走行し続け、最後に大きな出費になっている人を数人見かけています。

不具合発生になる前に、定期交換することをおススメします。

スポンサーリンク

-お役立ち情報

© 2020 モビラボ