車種情報

新型シビックタイプRの日本でのマイナーチェンジはいつ?デザインの変更点や価格予想も!

ホンダシビックタイプRが2020年夏にマイナーチェンジを行います。

タイプRとはホンダがエンジンからサスペンション、軽量化まで本気でチューンナップした最上級のスポーツグレードとして有名です。

 

ホンダは現在でもF1やサーキットの最前線で世界最速を目指して戦っているので、その直系であるタイプRはスポーツカー好きには根強い人気を誇っています。

今回はホンダシビックタイプRの日本でのマイナーチェンジの時期とデザインなどの変更点、価格予想をしていきます。

 

新型シビックタイプRが発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度確認してみてくださいね。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

スポンサーリンク

シビックタイプRのマイナーチェンジ発売はいつごろ?

日本でのシビックタイプRのマイナーチェンジ発売は2020年夏と発表されています。

詳細は発売前の4月頃に発表され、7月~8月に発売される予定です。

 

ベースとなるシビックのマイナーチェンジは既に2020年1月に行われており、ハッチバックとセダンが発売されています。

シビックのマイナーチェンジでは安全運転支援システムの「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全タイプに標準装備するほか、内外装のデザイン変更、ボディカラー変更、グレードの再編を行っています。

 

シビックタイプRはこのシビックをベースに作られるため安全装備も標準装備される見通しです。

また2020年秋頃に日本限定200台で、タイプRからさらに軽量化した限定カラーのリミテッドエディションが発売される予定です。

スポンサーリンク

シビックタイプRのマイナーチェンジの変更点や価格も予想!

マイナーチェンジの変更点

2020年夏に行われるシビックタイプRのマイナーチェンジでの変更点をまとめると

  • フロントグリルの開口部拡大で冷却効率化
  • バンパーの形状変更
  • フロントブレーキを2ピース化でブレーキング性能のアップ
  • ステアリング、シフトノブの変更で操作性の向上
  • 安全運転支援システムの標準装備

となっています。

エンジンは直4 DOHC 2L VTECターボのままですが、現行型からチューンナップが加えられてより動力性能が向上するとみられます。

価格予想

価格予想ですが460万円前後と予想します。

マイナーチェンジ前は450万円前後で、これまで搭載されていなかった安全装備が標準装備されており、ベースとなるシビックでも10万円程度引き上げとなっているため、この価格となるでしょう。

まとめ

  • 新型シビックタイプRは2020年7月~8月頃に発売、秋に限定200台のリミテッドエディションも発売
  • 走行性能の向上に加えて、安全運転支援システムを標準装備
  • 価格は460万円前後と予想

現行型のシビックタイプRは2017年にニュルブルクリンクのFF車の世界最速記録を出したほどの性能を誇る車です。

その後ルノーメガーヌRSトロフィーRによって抜かれてしまいますが、今回のマイナーチェンジによって走行性能もアップするので、是非FF車最速の座を奪い返してもらいたいですね!

新型シビックタイプRが発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度査定で確認してみてくださいね。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

スポンサーリンク

-車種情報

© 2020 モビラボ